teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


才能は続けること

 投稿者:野口繁明  投稿日:2013年12月 1日(日)16時15分34秒
  薬師丸ひろ子さんが35周年記念コンサートの時にこんなことを語っています。

あまちゃんで鈴鹿ひろみが「・・・一つのことを続けられることは素晴らしい才能なの・・・」

って語って聞かせるシーンがありました。

女優として、ヴォーカリストとして稀有な才能の持ち主で・・・好きです。

また・・・こんなことも・・・語っています。

「意外とどの曲も結構長い時間が経っています。だから自分の手元から離れた時の長さがあって

聴いてくださっている方たちにとっては・・・もう自分の歌になっています。

だから皆さんの思い出とか、自分のしまってある引き出しを開いてみるときに、私の歌がそれに

寄り添えればと思っているので、原曲のキーで歌うということと、そのときの曲のイメージを

なるべく忠実にやっていく。あくまでもオリジナルで皆さんが・・・その歌を聴いた時の印象を

大事にしようと思って歌っています。」

森進一に聞かせたいです。

「おふくろさん」で川内康範とのトラブルは原曲のオリジナルを軽視したことから始まっていますね。

それに比べて薬師丸ひろ子さんの謙虚さと、自分の立ち位置を明確に理解されている真摯な態度に好感がもてます。

ファンに対してのリスポンスの正確さは素晴らしいですね。

そういうことで・・・微助人の社員諸君!!

続けることって!!立派な!!才能なんだよ!!極めようぜ!!
 
 

デヴュー35周年

 投稿者:野口繁明  投稿日:2013年11月30日(土)15時06分6秒
  薬師丸ひろ子さん、竹内まりやさん、そして微助人・・・デヴュー35周年です(笑)

高倉 健と親子の役でデヴューの「野生の証明」は薬師丸ひろ子の新人とは思えない演技が光っていて良かったですねぇ。

三國連太郎も舘ひろしも名演技でした。

「セーラー服と機関銃」の挿入歌も女性でなければ表現できない!!鈴のような美声で魅了。

最近では「Always 三丁目の夕日」のスズキモータースのおカミサン役もうまいですね。

もっと最近では「あまちゃん」の鈴鹿ひろみ役!!ラストシーンでは「潮騒のメモリー」をスローヴァージョンで熱唱。

でしゃばらず・・・それでも確固たる存在感があって!!実に良い。

昨晩、BSで薬師丸ひろ子の35周年コンサートの様子を放映していました。

渋谷の文化村オーチャードホールでした。

オーチャードホールは渋谷109をNHK方向へ歩いて5分のところにあり、

毎年人間ドックでお世話になっている「東京健康管理センター」に近いため何度も入館している。

薬師丸ひろ子はオーチャードホールで記念コンサート・・・竹内まりやは日本武道館・・・

微助人は高尾山ハイキング・・・・

この差は一体・・・何?
 

大社の杜

 投稿者:野口繁明  投稿日:2013年11月29日(金)19時45分40秒
  明日いよいよオープン。

この建築はすごいことをやっています。

支柱が仮設足場に使う単管パイプ。

設計者がD-villageの設計監理をしてもらっているアシヤアーキテクツさん。

構造的にも意匠的にもこのあたりでは群を抜いています。

サイン工事もプロ好みのディテールになっています。

ただ・・・どれだけの人が・・・この良さを理解できるかってことなんですよねぇ。

和のモダンバラックって感じなんですよ・・・

還暦同窓会の幹事の皆さん・・・有言実行を読んだついでに「大社の杜」を検索してみてください。

新年会は三島大社へ集まりましょう!!

2014年1月18日(土)はいかがですか?
 

小悪魔運搬中

 投稿者:野口繁明  投稿日:2013年11月27日(水)06時38分55秒
  昨日、現場に打ち合わせに行く途中・・・前の軽自動車のリヤウインドウにステッカーが貼ってあった。

そのステッカーには「CHILD  IN CAR 小悪魔運搬中 秋田美人運転中」とありました。

私の一番好きなタイプのユーモアで気になったので並列してドライバーを見た!!

女優で言えば片桐はいりさんをすこし美人にしたような・・・秋田美人でした。

信号待ちで視線があった。

視線が会うと会釈ををしてしまう悪い癖がありまして・・・運転中の彼女・・・意味不明な会釈に複雑な表情。

その後私は、左折・・・彼女は右折。

またいつか、小悪魔運搬中の軽自動車を見てみたいものだ。

つまらない、ありふれた日常でも探せば楽しいことはいっぱいころがっていますね。
 

和田倉噴水公園レストラン

 投稿者:野口繁明  投稿日:2013年11月24日(日)16時41分41秒
  昨日、千葉の姪が和田倉噴水公園レストランに於いて結婚式があり参加させていただきました。

皇居側が全面FIXになっていて公園に散歩している人も宴の様子を見ていて・・・

なにか役者(エキストラ?)になったような気分。

新郎と新婦は千葉大学の研究者と助教という超エリートカップル。

会場の過半が千葉大学の関係者でお行儀が良く・・・ぐでんぐでんに酔うような人は一人もいない・・・

そんな中で、我らテーブルは野球と愛犬の話で大盛り上がり。

千葉大の教授の話も耳の中には入るのですが、ココロに響くコピーはありませんでした。

むしろ、新郎の中学時代の同級生の野球でバッテリーを組んでいたエピソードが笑えました。

最後に親族を代表して新郎のお父さんの挨拶の時の・・・新婦の父親(妻の弟)の表情が

ガラス越しの夕日に照らされて、娘をおくりだす父親の何ともいえないもの淋しさがありぐっときました。

おしゃれなレストランとFIXの前の噴水とその先の皇居・・・ハッピーウエディングでした。
 

第29回 吉岡賞

 投稿者:野口繁明  投稿日:2013年11月21日(木)17時48分19秒
  受賞2作品のなかに、「六甲の住居 タトアーキテクツ 島田陽建築設計事務所」があります。

この作品は「新建築 住宅特集2012 2月号」に掲載されていて衝撃が走ったことを記憶しています。

それが吉岡賞を・・・まさか受賞するとは思いませんでした。

D-villageのコンセプトの原型がそこにはあります。

外断熱工法や基礎蓄熱暖房やダイレクトゲインで日射を採り入れ放熱するシステム・・・

当時から只者ではないと思っていました。

受賞のコメントが奮っている、

「・・・・・・・・・・・この住宅は大学時代の友人の住まいなのですが、竣工までの過程が

 興味深かったらしく、建築に関係した仕事に就きたいと仕事を辞めてしまい、現在は学校へ

 通っています。建築界隈に仲間が増えたのは嬉しくもあり、大丈夫なのかと不安でもあるのですが、

 今回の受賞が彼の船出の助けになればと願っています。」

なにか・・・すごく知性を感じるのですよ。島田さんのプロフィールに1972年生まれとあります。

これからが楽しみですね。「六甲の住居」の階段のディテールは一部分いただきました。

失礼いたしました。

それにしても、ゼロからのオリジナリティってありませんナ。
 

男系から女系へ・・・

 投稿者:野口繁明  投稿日:2013年11月19日(火)19時01分42秒
  私の父は1923年生まれで、生きていれば90歳。そして兄弟は男2人。

私は1953年生まれで今年還暦の60歳。そして兄弟は男3人の真ん中。

兄は息子2人。私は息子3人。弟は息子2人。

2007年に野口 奏(かなで)が生まれるまで84年間、女子の誕生はありませんでした。

その後2009年に野口 瑠音(るのん)が生まれ・・・

そして今週か来週にはまたまた女子に逢うことになります。

三男の長女です。三男サトシと嫁さんは1983年の同い年。そして2013年に長女誕生。

30年刻みで野口家には赤ちゃんが誕生しています。

2043年にひ孫が生まれるとしたら・・・たぶん逢えないでしょうから・・・

来週?逢えるベイビーに愛情いっぱいに接したいと思います。

三男のお嫁さんに「生まれてくる赤ちゃんの名前、野口まりやってどう?」

「・・・・・・・・・・」「竹内家へ嫁に行けば竹内まりやで最高じゃぁ・・・」

隣にいた、カミサンが「なにをバカなこと言ってるのよ。発想は10代ね。歳は還暦なのに・・・」

とにかく・・・無事に逢えることをただただ祈るだけです。

「野口家も男系から女系に変わりつつあるねぇ・・・」って事務のさとみちゃんに言ったら・・・

「わたしと真理ちゃんが完璧な女系だから連鎖したのかしら・・・」

微助人の社員旅行も18人中10人が女性ですから・・・

それでかなーぁ・・・和むのは・・・
 

微助人慰安会

 投稿者:野口繁明  投稿日:2013年11月17日(日)17時48分24秒
  昨日、高尾山ハイキング → うかい鳥山 → 河口湖オルゴール美術館 → ほうとう食事会

OLDーNEWな慰安バス行楽会を総勢18名で開催しました。

朝、6時出発。高尾山には8:30到着でハイキングスタート。

天気も良くて山頂から富士山が!!美しい。

HPに着信あり。圏外でかかりにくい。

山頂で仕事の話で現実に引き戻される・・・・

「うかい鳥山」で豪華な昼食。

社員も昨日の仕事の話をしていて現実に引き戻される・・・

夕方・・・ほうとうの食事処が・・・すごい建築(保坂建築設計事務所)で・・・豊島美術館のようで・・・

どうやって創ったんだろう・・・とトイレを観たり、スチールサッシをみたり、照明器具をみたりで・・・

現実に戻される・・・

どこへ行っても・・・視点はそちらに流れてしまう。

どうなんでしょうね。

「うかい鳥山」・「オルゴール美術館」・「ほうとう不動」に共通点はサインが小さい・・・

または無い・・・ってところですかね。

無くても繁盛してました。

街全体の雰囲気が大事なんだろうナ。

それにしても、高尾山の紅葉と人混みは圧巻でした。

明日からまた頑張って仕事をしましょう!!
 

D-village 2

 投稿者:野口繁明  投稿日:2013年11月14日(木)16時58分42秒
  ただいま、鉄筋加工中で今日中には完成するようです。

同級生の1級建築士から電話が入った。

「おい!!いまのぐっちゃんの現場にいるんだけど・・・すげーなぁ!!

 この基礎・・・見たこと無いよ。すごい!!とにかくすごい!!」

「・・・・・・・・・・・そうかね。」

「これからが楽しみだよ!!またちょくちょく寄るよ・・・」

D-villageのアンカーボルトは合計224本あり全てを微助人の直営でセットしました。

来週、配筋検査を設計事務所と構造事務所に検査していただきまして、合格したらコンクリート打設になります。

打設コンクリートが約75?。ポンプ車で打つのですが・・・楽しみですねぇ。

鉄骨は全て微助人製作なのですが、いま・・・現場が重なりD-villageの加工は後回し。

年内に鉄骨がまとまれば良いと思いますが・・・どうなんでしょう。

螺旋階段も強烈なデザインで見たことがないです。

ロフトもRCの打ち放しの独立オブジェで直島の安藤ミュージアムのようだ。

D-villageはコストという欠陥がありましたが・・・微助人の直営工事でなんとかクリアできそうです。

協力していただいた人にはもれなく・・・その名を目隠し壁に刻みます。

一体どれくらいの人が関わることになるのだろう。

地鎮祭の時にも話させていただいたのですが・・・

「D-villageに関わって良かったと思えるような現場にしたいので!!力を貸してください。」

しっかりとした丁寧な仕事をしたいと思います。

ご協力宜しくお願い致します。

http://ameblo.jp/noguchisatoshi/

 

本日早出

 投稿者:野口繁明  投稿日:2013年11月13日(水)05時19分30秒
  本日は府中にオープンする「PC-DEPOT」のサイン工事のため若手は早出です。

無事を祈りながら・・・送り出します。

毎年のことながら・・・サイン業者は11月が超繁忙期になります。

週末は微助人の慰安旅行で・・・これまた予定びっしり。

とにかく楽しく!!やるさ!!
 

レンタル掲示板
/53