<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


嬉しいです

 投稿者:Kate  投稿日:2021年 1月14日(木)15時18分47秒
  ありがとうございます。とても嬉しいです。
心待ちに、楽しみにしています。
 

Kate 様

 投稿者:belne  投稿日:2021年 1月14日(木)00時04分59秒
  明けましておめでとう御座います。
有り難うございます。
今年は21シリーズの「七つの封印」シリーズを外販業者に委託しようかと思っています。また21シリーズの電書化も考えております。
 

通販

 投稿者:Kate  投稿日:2021年 1月 7日(木)18時52分10秒
  あけましておめでとうございます。
今年もお元気で幸多からんことを祈っております。
Belne's Love が大好きです。Bookwalker で読めるのが嬉しい!
Belne's Love 21 と新しい作品も入手できるようになると嬉しいです。
米国までの通販は無理そうかなと思いますので、eBook を是非!
遠方も大丈夫なら、通販したいです。
 

eliko様

 投稿者:BELNE  投稿日:2020年12月 4日(金)21時50分16秒
編集済
  有り難うございます。
お返事遅くなって済みません。
京都展またいつかやれるよう精進します。
 

最新刊届きました。

 投稿者:eliko  投稿日:2020年12月 1日(火)10時26分42秒
  先日は京都展、ありがとうございました。28日に最新刊が届きました。
お忙しい中、ありがとうございました。
寒さも日々厳しくなる師走。どうぞご自愛くださいませ。

 

yumiさま

 投稿者:belne  投稿日:2018年 8月13日(月)08時21分9秒
  有り難うございます。
コミケの後同じビックサイトで19日にコミティア
秋のjガーデンは新作のみで参加(本人欠席)
秋のコミティア
になります。ツイッターで告知出させて頂いています。
 

お気をつけて!

 投稿者:yumi  投稿日:2018年 8月10日(金)00時01分19秒
  久しぶりにコメントさせて頂きます。今年は本当に酷暑で夏コミでの販売も大変かと思いますが、どうぞ無理されずに、倒れずに、無事に一日が終わる事をお祈りしております。3年間、主人の都合でアメリカに拉致(笑)されておりましたが、やっと再び日本の土を踏む事ができましたので、夏のお祭りにはとても参加できませんが、なんとか機会を見つけて先生の本を買いに東京に行きたいなというのが最近のささやかな野望です。『蒼の男』を初めて手に取ってからアッというまの30ン年(笑)、こんなに長い間自分がひとつの物語に惹きつけられことになるとは思ってもみませんでしたが、それだけ幸せな時間が続いてることに先生には感謝の思いしかありません。本当にありがとうございます。実家から持ち出した本で、今も手元にあるのは戦友のような本ばかり。墓場まで持っていく覚悟です。何が起こるか判らないのが人の世なので、ちょっと照れくさいですが、こうやって間接的にでも言葉を紡げる機会があるうちに胸の内を吐露してみました~。楽しいコミケになりますように!  

行き違ってしまいました。

 投稿者:七都  投稿日:2018年 7月12日(木)01時31分34秒
  先生、お返事ありがとうございます。
ご本人から直接、お返事を頂けるなんて・・・心臓が。
早速メールさせて頂きます、ありがとうございました。
 

連投、失礼いたします。

 投稿者:七都  投稿日:2018年 7月12日(木)01時27分24秒
  もちろん在庫が無い本を無理に欲しいとお願いしている訳ではございません。
全ての在庫の持ち込みも大変な事ですし、無理だろうと想っております。
ただ、在庫が少ない事と私が都合で夏コミにしか行けない事を考えると、
どうしたらいいのだろうと困惑している次第です。
ご面倒かとは存じますが、何か良い方法がありましたらご教授下さいませ。
本当に読みたくて仕方が無いのです、長年続きが気になっていたベルネとガーディーの話が。
でも夏コミに出すぶん以上は無理でしたら、そのようにお知らせ下されば納得いたします。
ご無理を申し上げて申し訳ありません。
 

七都様

 投稿者:belne  投稿日:2018年 7月12日(木)01時11分12秒
  コミケお取り置き、可能な本でしたら、大丈夫です。
全てのご要望にお応え出来るかどうかは判りませんが
下記メールアドレスにご希望の本をお送り下さい。
お取り置きかお送りかさせて頂きます。

kanzi_members@kanzi-do.com
 

通販について

 投稿者:七都  投稿日:2018年 7月11日(水)21時44分21秒
  初めてお便り申し上げます、いきなりの用件で申し訳ございません。
色々ありまして連載が同人誌に移行しているのを最近まで存知あげませんでした。
何とか入手した本は数冊あるのですが、もう通販はされていないようなので、
コミケに行くしか無いのかと決心はしましたが、参加するには体調的にキツく、
叶う事ならば通販をお願い出来ないかと切実に想っております。
私事ですが三重苦の病気を抱えており、おそらく秋以降に再手術をする事になりそうなので、
いま出来る限りの本を何とか手に入れたいと願っております。
通販が不可能なら夏コミに参るつもりでおりますが、
欲しい本が全て入手が出来るかどうかわかりません。
もし当方が希望の本を記載してご連絡をすれば、夏コミで購入が出来る可能性はありますか?
おそらく冬コミはどう頑張っても行く事は困難に想われるので、
残部数を考慮すると夏コミに揃えてしまいたいのですが・・・。
勝手なお願いだと存じますが、「グレープフルーツ」時代からの読者として、
どうにかなりませんでしょうか。
図々しいお願いで本当に申し訳ございません。
ご気分を悪くされたなら、どうかお許し下さいませ。
 

このbbsについて。

 投稿者:belne  投稿日:2018年 5月31日(木)11時52分55秒
  bbsの更新手続きをしました
放置状態のBBSですがもう少しここに置いておきます。
もう暫くお付き合い下さい。
どうぞよろしくお願いします。
 

至急

 投稿者:いくたまき  投稿日:2016年 6月26日(日)16時35分15秒
編集済
  ベルネ様、作画Gのいくたまきです。

掲示板には書きづらい大事な連絡がありますので、
至急 ikuta-ma@nifty.com までメールをお願いします。

私はツイッター等はやってないので、こちらに書かせて
頂きました。すみません。
 

Anna 様

 投稿者:belle  投稿日:2016年 2月 5日(金)20時04分18秒
  お書き込み有り難うございます。
Bowieは聴衆ひとりひとりの心の中に生きていると思います。
どうかこれからもBowieの音とそして映像とを抱いて
暮らして頂ければと思います。

私も精進して、作品を描き続けるつもりです。
 

今でも涙が止まらない

 投稿者:Anna  投稿日:2016年 2月 5日(金)12時22分20秒
編集済
  belne先生、私が中学生だった頃、もう34,5年前でしょうか?
本屋さんでみつけたBOWIEが表紙だと勘違いして購入した漫画の本。
作品中、ガードルードレアモンは完全な人でした。こんな完璧な人、この世にいない、
いくらbowieでもそれはないだろうって当時は舐めてました。
でも、この世を去るにあたってBOWIEが私たちにくれた贈り物もその周到さも本当に完璧。
誰があんなふうにきれいに死ねるのかしら、なぜ、死ぬことすらコントロールできたのかしら?と。
ガ―ディーはBOWIEそのものだったんだなっていまさらながら思いしりました。
先生の御慧眼に恐れ入りました。
やっと先生のHPにたどり着きました。今また、ガ―ディーの物語を読み直してます。
あの日、友人と泣きながら話し込みましたが、もともと彼は
この世の人でなく、帰っただけ。本当の天使はああいう姿をしているのだから。
失ったのではなく、永遠になっただけ。老いた体も病で傷ついた体も脱ぎ捨てて
やっと身軽くご機嫌に踊って歌っている彼の存在を感じながらも
喪失感と得体の知れない悲しみで涙がぽろぽろ出てきます。
本当に先生の御作品があってよかった。。。。いまだに生きてる彼に会えるようです。
日本人のファンは幸せです。ありがとうございます。

 

月夜の珈琲館様

 投稿者:belne  投稿日:2016年 1月13日(水)00時41分58秒
編集済
  月夜の珈琲館 さま
こちらこそごぶさたしております。
Bowieさんは、こうして、亡くなってさえ
私を大切な人と出会わせて下さる。 (泣)
Twitterに挙げたことばですけれども、今はこんな気持ちです
--
bowieは1年を掛けて新しいアルバムを用意しPVを用意し
その日に万全に備えて
我々ファンはそれにまったく無防備でした。
完全な勝利はいつもBowieの側にありました。
そして幸福だけ遺して、我々より先に歩んで言ってしまいました。
それで私達は途方に暮れて、幸せに取り残されているのです。
 

David Bowie/Belne先生へ

 投稿者:月夜の珈琲館  投稿日:2016年 1月12日(火)23時28分24秒
  ご無沙汰しております。
突然の訃報に、美しく大きな存在がこの世界から離れていってしまった虚しさを感じています。
たとえようもなく悲しく、また、Belne先生のお気持ちを思うと本当に切なくてなりません。
Bowieさんのご冥福をお祈りすると同時に、先生の作品の中の彼は永遠であることを心から願っています。
どうぞ気を落とされませんように。
 

bowieさん

 投稿者:belle  投稿日:2016年 1月12日(火)01時00分39秒
  マーク・ロスコさん yumiさん
本当に訃報に目を疑いました。
大きな喪失を感じています。
最後の★を贈り物に旅立って行かれました。
聴衆は彼に愛されていたのだと思います。
 

天が堕ちてくる。。。。

 投稿者:yumi  投稿日:2016年 1月11日(月)22時50分4秒
  ニュースを聞いた瞬間に、ああ彼も人だったのだな、と馬鹿な(当たり前な)事を思いました。何故か永遠に死なないと、ありもしない事を信じていたのが我ながらショックで。。。初めてデヴィッド?ボウイを認識した時、私は日本の大分のその中でも小さな田舎町に住んでいました。そして、今アメリカで彼の最後を知り、時の流れと人生の不思議を思います。変わらないものは無いからこそ尊いとは思いますが、それでも何故か『永遠』という言葉は彼のためにあるのだと。どんな言葉も追いつきませんが、心からご冥福をお祈りします。  

デヴィッド・ボウイさんが逝ってしまった

 投稿者:マーク・ロスコ  投稿日:2016年 1月11日(月)21時58分4秒
  お久しぶりです。
先ほど、デヴィッド・ボウイさんが亡くなったことを知りました。
大変ショックです。
永く闘病されていたことを知り驚きました。
年末に、久しぶりで「戦場のメリークリスマス」を観る機会があり、若き日のデヴィッド・ボウイさんを目にして、
最近はどんな活動をされているのか?と思ったばかりでした。
今はただ静かな眠りにつかれることを祈るばかりです。
 

/14